貸付に付いてくるもの。

貸付に付いてくるもの。

ローンは大変便利ですが、一つ忘れてはいけないことがあります。それは、お金を借りる人の責任です。便利ですが、これはあくまでも人のお金。当たり前ですが借りるためには、「返す」事が前提となります。
ローン会社はお金を貸すことによって発生した金利で成り立っています。ということは、常に、借りた以上の金額を返済する義務が生じる、ということです。そんなこと当たり前でしょ、と思うかもしれませんが、意外にこの事を忘れてしまって、利便性だけを見て借りてしまう人が多く、だからこそ、返済できずにトラブルになってしまうケースも多く見られます。ローンのイメージに付いて回る言葉で「自転車操業」という言葉がまさに、その現状を表しています。A社から借りていたお金を返済するためにB社からお金を借りて、またB社のお金を返済するためにC社から・・・、と延々と借り続けなければいけなくなってしまいます。このような悲劇を避けるためには、第一に、収入の範囲内の見合った金額を借入れ、余裕を持った返済プランを予め計画し、十分納得した上で借入れをする、ということです。
「借りた物は返さなければいけない」この基本的な事を十分頭の中に入れて、上手に利用しましょう。